今までお話した銀行、消費者金融、公庫、信用保証協会。
すべての機関からめいっぱい借入れを行っていたとしてもそれでもまたお金を借りることは可能です。
それはどこから借りれるかというと、いわゆるヤミ金からです。
ATMの登場や金融関係の法律の取り締まりが厳しくなった今でも、
実際にヤミ金業者というのは現在でも営業されています。

 

 

借入れ審査という意味では、これほど審査のゆるいところはないでしょう。

 

 

あなたを見て免許書のコピーをとって誓約書を書く、これだけで大体5万円~10万円のはお金を借りることができます。

しかし、こういった闇金でお金を借りることに関しては、おすすめできる事ではありません。

 

なぜなら、闇金の世界というのは漫画でネタになっているような世界です。
一部脚色はあるといっても、ああいった世界は現実に存在します。
いくつかこういった事業者さんからお金を借りる方法というのも確かにあるのですが、
私はあなたにそういった闇金業者さんとお付き合いして欲しくはないのでこちらで紹介することは控えておきます。

 

 

もしあなたが闇金業者さんとお付き合いがあるのであれば
私のおすすめはどんな理由があったとしても、
まずはじめにその闇金業者さんにお金を全額返すことです。
こういった闇金業者さんと長いお付き合いをするということはそれだけを多くの金利を払うということです。

 

闇金業者さんも何らかの形であなたと長いお付き合いをしたいと考えているはずです。
しかしその時にその誘いに乗ってはいけません。
やさしい口調で返済を待ってくれたり、
また新しく取引の枠を広げてくれたりもしくは
今以上に人間関係を作ろうとアプローチすることもあるでしょう。

しかし、こういった闇金業者さんの最後の目的は、
できるだけ多くのお金をあなたから回収することです。

 

一見優しく見えたり紳士的に見えたりしても、できるだけ早く借りたお金の返済を行い、ヤミ金業者さんとの関係を清算しましょう。
場合によっては自己破産や警察に相談をする。
などという方法をとることも有効です。
闇金業者さんたちもお仕事としてお金貸しをやっていますので、
警察や裁判所などにお世話になっては今後の経営も大変なのです。
借入れ審査という観点から言うと、少しずれてしまうかもしれませんが、
もしあなたが闇金業者さんとお付き合いをしなければいけないような状況になっているのであれば
ぜひおすすめの書籍があります。

 

それは、先程例えにも出した闇金ウシジマくんという漫画とナニワ金融道という漫画です。

 

両方とも漫画ですので、とても読みやすい内容なっています。
しかし、両方とも世の中であまり表に出てこない、
現実に即した裏の金融の世界というものも教えてくれます。
なんにせよ、このサイトを見てくださっている方には、
あまりこういった業界に足を踏み入れて欲しくはありません。