銀行系キャッシングの意味ですが、銀行が出資して設立したキャッシング会社のことを指します。一方で住宅ローンなど大きな金額を借入する際に多くの人が利用しているのが、ダイレクトに銀行が行うキャッシングではないでしょうか?

この2つのの違いは、貸し主が銀行系の場合と、銀行ということになります。どちらも似たようなものに見えますが、金利や審査基準などは大きく異なっています。

ネットなどでも申し込みでき・素早い審査が特徴の銀行系ですが、金利は高く設定されており、利用限度額が少ないと言われています。一方で、大口の融資を低金利で受けることができる銀行ですが、審査にかかる時間も長いうえに、審査に通るのが難しいと評判です。

その他の違いとして、銀行は総量規制の対象になりませんが、銀行系は総量規制の対象になります。ここで総量規制とは、年収の三分の一までしか融資を受けられないという制度になります。なぜ銀行が総量規制の対象にならないかというと、住宅ローンなど高額な商品を扱っている点になります。

住宅ローン以外にも学資ローンや自動車ローンなどがありますが、一般的に住宅ローンが一番大きい金額になることでしょう。もちろん事業ローン等を含めれば別ですが。

ここで、貸し主が銀行系のキャッシング会社になったときは、総量規制により自動的にキャッシングの上限金額が決定するといえるでしょう。ただし初めから上限いっぱい借りることはできない仕組みになっています。

一方の銀行は貸金業者としての登録がなくてもキャッシング業務を行うことができますが、総量規制が適用となるのは、貸金業者として登録されている金融会社です。

一定額以下の融資であれば、銀行系キャッシングはとても便利ですので、こちらをメインに使いながら、必要に応じて銀行を利用すると良いでしょう。ただし審査は厳しいので、事前にネットで調べたり・知り合いに聞いておくことをおすすめします。