銀行は多重債務者を作らないために
借り入れ情報を共有するネットワークを持っています。

現実問題として、例えばあなたがある銀行から100万円借りた場合、
その情報はすぐにこの情報ネットワークの中に流れます。

そしてすぐに次の銀行に行って同じように100万円を借りようとしても、
次の銀行は最初からあなたが他の銀行から100万円借りていることを知っているので
初めと比べてそう簡単には貸してはくれません。

しかし、この銀行の情報共有ネットワークと消費者金融の情報共有ネットワークは、
それぞれ別のものとなっています。

基本的に銀行側が消費者金融の情報共有ネットワークを見ることはできますが、
消費者金融側が銀行の情報共有ネットワークを見ることはできません。

もしあなたが借りられる金額いっぱいいっぱいにお金を借りたいのであれば、
まず、銀行側から精一杯お金を借入れた後、
消費者金融でお金を借りると言う順番で動いた方が良いでしょう。

またこれは、会社を経営されている方や個人事業主の方に限りますが。
銀行や消費者金融でお金をいっぱいいっぱい借りた後でも
またさらに別の機関からお金を借りれることができます。

それは日本政策金融公庫と信用保証協会です。
日本政策金融公庫では、様々な名目で事業者さんにお金を貸しています。
参考 http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/

もし、あなたが事業を始めてすぐの人であれば、
新創業融資制度という制度を使うことができるでしょう。

こちらは新しく事業を始めたいと考えている人
もしくは、すでに事業は始めているけれども
まだ始めて日が浅い人に対して無担保無保証人で
日本政策金融公庫がお金を貸し付けてくれる制度です。

事業者としても、一番信用を得づらいこの時期に
貸付をしてくださるというのはとても心強いですね。

 

他にも日本政策金融公庫では、

 

IT 活用促進資金新事業活動促進資金
再チャレンジ支援融資

 

など様々な事業者サポートのための
メニューが用意されています。

日本政策金融公庫は基本的に銀行や消費者金融とは
全く関係のない公の立場の貸し付け機関です。
ですので、日本政策金融公庫が審査の際に
銀行の情報ネットワークや消費者金融の情報ネットワークに
アクセスすることはありません。

あなたがきちんとしたビジネスプランを
組み立てることができたなら、たとえ銀行や消費者金融から
多くのお金を借りていたとしても、

それは全く審査に影響しません。

あなたはまた別途この公庫からお金を借り入れることができます。

もちろんお勤めをしていたとしても、事業主であることに
変わりはありませんので、変わらず借り入れを行うことは出来ます。
また、こちらは当面(約3ヶ月程度)の運転資金(お給料や仕入れの代金など日常使うお金)も借り入れることが出来ますので、とても心強いですね。

実際に借入を行う際にはもちろん審査基準として、
ビジネスプランを見られますので、相応のビジネスプランを用意する必要があります。
また、日本政策金融公庫はビジネスプランを基に回収の見込みをたてることで
あなたに貸付を行いますので、それなりの説得力が必要です。

例えば、あなたが新しく事業を行うにしても、
全く今まで経験をしたことがない分野でビジネスプランを提出したとしたら、
審査をパスする可能性は残念ながら少ないでしょう。

ビジネスプランはきちんとしたものを用意して臨むようにしましょう。