まず知って頂きたいのが、どんな金融機関から借りるにしても、クレジットスコアが活用されているという事です。あなたがローンを組む場合やキャッシング会社からお金を借りる時、その金融機関はあなたにリスクがないか?しっかり返済していけるか?という点を重要視します。

金融機関からすると、その情報が命綱です。

借入れを申し込んだ人の返済能力が分からなければ、ビジネスとして成り立ちません。そのため、あなたがもし借入れを申し込んだ時、信用情報と財務状況を、「信用情報機関」に照会します。

貸主からすると信用情報機関に照会するという行為ですが、一般の視点からすると、これが「審査」となります。

照会した情報には、これまであなたが購入してきたものや、取引きしてきた情報が出てきます。具体的にいうと、クレジットカードでのショッピング状況やキャッシング状況、ローンで借り入れを起こした履歴、はたまた高額商品を分割払いした時の金額、さらにその支払い履歴までを示す情報まで含まれています。

金融機関は、このようにしてあなたの様々な情報を確認し、より公正に検証します。

それでは、そんな複雑な情報を元にどのように公正に判断するのでしょうか?

それは金融機関からすると比較的簡単で、数字のアルゴリズムで判断します。
個人のお金に関する様々な情報を、信用情報を参考にして解析したものがクレジットスコアと言います。

ただ、このクレジットスコアだけで判断されているかと言えば、そうではありません。

あなたが申し込んだ内容に問題があれば、それは本当に問題なのかを調べます。その際、信用情報を直接確認したり、審査基準と直接照らし合わせる場合もあります。

その他にも、支払い可能額などの数値基準を遵守できているか、賃金業法の総量規制(収入の3分の1を超えていないか)、不正な申し込みではないかなど、あらゆる点から判断します。

さらに、上記の信用情報に加え、金融サービスの特徴もそれぞれ異なるために、金融サービスごとに異なる審査基準を運用させて借り手の信用リスクを分析していきます。

例えばあなたが住宅ローンを組んでいる場合、信用情報はもとより、購入の対象となる不動産の価値、土地の立地、購入者本人の収入もみます。
ただ、ほとんどの主要金融機関は、信用情報の要素を数学的に分析して、ベースとなる信用力の水準、つまりクレジットスコアとして判断しているといってもよいです。次のページで詳しく説明していきます。