⇒車のローンを組みたいからお金を借りたい!でも審査が通るかが心配。。

⇒今月は急な出費が多かったから、一時的にお金を借りたい。。

⇒返す見込みはあるけど、どこに借りたらいいか分からない。。

生きていく上で、誰もがこのようなピンチを迎えた経験があるかと思います。

このサイトでは主に、「今の自分の状況で、お金を借りることができるのか?」という点で役に立つ情報を提供しています。

銀行などの金融機関や消費者金融にしても、よりスムーズにお金を借りるために役立てて下さい。

今すぐ審査をしたいなら⇒キャッシング 審査

このサイトで抑えておきたいポイント!

①借入れ時の審査基準を把握する

②収入の3分の1以上でも借りることができる事を知る

③立場や用途によって、借りる金融機関を使い分ける

借入れの審査基準について

借入れの審査基準について様々な角度から見ていきたいと思います。
審査のプロセスを理解・把握をして、よりスムーズに借りれるようにしましょう。

基本的に借入れの審査基準の前に、その仕組みについて説明します。

なぜ審査をするのか?というところから始まるのですが、
それはほとんどの人がご存知の通り、借入れをする本人が返済能力を持っているかという点を見るために審査を行います。

貸した金額+金利が戻ってこなければ、金融機関は当然ビジネスとして成り立ちません。

ここで少し、その審査のプロセスについて触れます。

借入れを行う機関、銀行やカードローン会社は具体的に何を行うかと言うと、あなたの信用情報を分析します。分析後は、一定の格付けを行ってあなたの信用力を判断します。

これが審査の大まかな流れとなります。

この審査基準、信用情報を自分でも解析できたら、普段のお金の使い方、管理の仕方が変わるはずです。万が一でもスムーズに借りれる可能性が高まるのですから。

それでは、もう少し説明します。

借入れを行う際の審査は、信用情報を元に、その判断基準となりうる「クレジットスコア」というものがあり、このクレジットスコアで貸すか貸さないか、はたまたどれくらいの金額まで貸すかなどを決めています。

ただし、各金融機関やサービスごとにこの審査基準は異なってきます。そのため、全てこちらで書かれているものが全てではないという点は了承下さい。

ただ、借りる上である程度の審査基準を把握するという事は、後に借りる上でも大いに役に立つはずです。

これから借りる事を考えている人は自分の為の知識として、まだ借りる予定はないけど、今後のためにと考えている人はマメ知識として、参考にされて下さい。

それでは、借入れを行う際の審査基準やクレジットスコアなどについて別ページで説明していきたいと思います。

オススメのサイト ⇒ キャッシング 審査
お金を借りる前にキャッシング審査に通らなければいけません!そこで比較的審査に通りやすい消費者金融を紹介します。ネットで短時間で審査できますので、迷ってる方はぜひ受けてみて下さい。

クレジットスコアの計算方法|どのように算出されていくか?

クレジットスコアの算出について説明します。主要とされる金融機関では一般的に、信用情報を構成する要素が5つといわれています。その5つについて以下で解説します。

●クレジットスコアの算出に使用される信用情報

10% 契約口座の種類

キャッシングやローン、分割払い、クレジットカードのショッピングなど、それぞれの利用金額が全体でどのような構成比率になっているのかを調べます。

10% 新規契約口座数

キャッシングやローン、分割払い、クレジットカードのショッピングなど、新しく契約があった数で、その割合が調べられます。

15% 口座保有数

キャッシングやローン、分割払い、クレジットカードのショッピングなど、保有している期間の長さを調べられます。

30% 契約口座残高

キャッシングやローン、分割払い、クレジットカードのショッピングなどで支払いが残っているもの、つまり全体の借入れ金額の合計を調べられます。

35% 返済履歴

キャッシングやローン、分割払い、クレジットカードのショッピングなど、これまで購入してきたもので、支払い履歴はどうなっているのか調べられます。

※信用情報の比重を目安としてパーセンテージで表していますが、金融機関や金融商品、各審査事由によって異なります。

キャッシングやローン、分割払い、クレジットカードのショッピングなどを新規で利用すると、それぞれの契約に対しては「新規契約」とみなされます。

ですので、上記で口座と表記されている項目は「クレジット契約」になります。

これまでローンを組んだことがない、クレジットカードを作ったことがない、アイフォンやアンドロイド携帯などのスマホ本体も一括で購入していたという人達は、信用情報の記録がないという事になります。

信用情報の記録がない、つまり履歴がない方々は、上記にあげた比率の重要度が異なってきます。よりスムーズに借入れを行うためには、以上の5つを評価が良くなるように管理する事が望ましいと言えます。

さすがにローンを組んだことがない、クレジットカードを作ったことがない、アイフォンやアンドロイド携帯などを一括で購入したという人は少ないかと思います。

どこかしら上記にあげた「クレジット契約」を行っているかと思いますが、繰り返し言うように、返済履歴、契約口座残高、口座保有数、新規契約口座数、契約口座の種類、それぞれのバランスがとても重要になってきます。

どちらが多くても宜しくないので、まずは現在の自分がどのような比率になっているか調べてみましょう。

借入れのできる5つの機関。審査基準はいろいろ

あなたがもしお金を借りたい場合。
お金を貸してくれるところは大きく5つにわかれます。
一つはみずほ銀行などの銀行

一つはプロミスなどの消費者金融
この二つは有名ですね。

しかしあまり知られていませんが、あと3つあなたにお金を貸してくれる機関があります。

それは、国庫と信用保証協会、それから、いわゆる闇金です。

この5つの組織はそれぞれ違った特性を持っており、それぞれ違った情報ネットワークを持っています。
例えば、銀行は銀行同士のネットワークを持っています。

このネットワーク間で、お客様の情報は共有されており、
例えばある銀行であなたが100万円借りたとしたら、
その情報はすぐに別の銀行にも伝わってしまいます。

これは、闇金を除く他の機関でも同様です。

それぞれの機関が、なぜこのようなネットワークを持つかというと、理由は簡単です。
それは、多重債務者を作らないためです。

ここでいう多重債務者というのは
いろいろな金融機関からお金を借りている人ということですね。

多くの場合、この多重債務者と呼ばれる人々は多額の借り入れを行っています。

金融機関からみれば、他の多重債務者でない人達に比べ、
このような人たちにお金を貸すことは回収ができないリスク、
返済が出来ないリスクが非常に高いのです。

この事について、少し詳しく考えてみましょう。

例えば、借入をしたいとき、基本的に少額の借入れであれば一つの金融機関から
10万円なり20万円なりとお金を借りることは可能ですが、
少し金額が大きくなった場合、例えば50万円や100万円というお金を借りようとした時には借り入れ限度額(通称「枠:ワク」と呼ばれています)いっぱいいっぱいまでしかお金を借りることはできません。

100万円のお金を用意したいのに、ある金融機関の枠は50万円しかない。
そういった場合、別の金融機関に行ってさらに50万円の借入れを申し込む。

こうすれば、100万円を用意することが出来ます。

このように、複数の金融機関からお金を借りている人を多重債務者と言います。
しかし、今見ただけでも、複数の金融機関からお金を借りている人は
借入の総額が大きいということはすぐに分かります。

銀行はちゃんと貸したお金が返ってくるように
つまり多重債務者を作らないようにこの情報ネットワークを活用しています。

簡単に言うと「知っていればお金を貸さなかったのに」という人を事前に把握するために銀行はこの情報ネットワークにお互いに情報を流して情報を共有しているのです。

少しわかりやすく説明しましょう。

例えば、このような銀行同士の情報ネットワークがない場合、
ある人がA銀行から100万円を借りたとしても、
その事実を知っているのはその人と A銀行だけ。

その人はまた別の銀行、B銀行から同じように100万円を借りることができます。

ここでも同じようにその人がお金を借りているのを知っているのはその人とB銀行だけ。
なので次も同じように別の銀行、C銀行、D銀行からその人はお金を借りることも出来るのです。

これだけであっという間に400万円の借入れが可能です。毎月の返済のことを考えなければ銀行の数だけその人は借り入れを作ることが可能になってしまいます。

しかしそれだけ沢山借入れを作ってしまっては現実的に返すことはかなり難しい。

銀行としてもお金を返してもらわなければ、仕事になりません。
銀行にとって大事なことはお金を貸すことではなくお金を返してもらうことなのです。

なので、銀行はお金を返せる可能性の少ない多重債務者を、
銀行間で協力をして作らないように務めています。

ちょっと待って!審査をする前に使える枠がある

もしあなたが借入れを必要としているのであれば、実はまだあなたが使っていない、
そして今すぐにあなたが簡単に使える借入枠があるかもしれません。

それが何かというと、クレジットカードのショッピング枠です。
基本的にはこのショッピング枠はショッピングにしか使えませんが、
例えばあなたがどうしてもお金をが必要だけれども、
銀行や消費者金融などでお金を借りたくない。
という事情がある場合、おすすめの方法がいくつかあります。

一番一般的で、一番楽しくて一番クリーンな現金化の方法は
「あなたが幹事になって飲み会を開き、参加者からは現金を集め、
代金をクレジットカードで払う」という方法です。

このことについて、もう少し具体的にお話していましょう。
飲み会を開き、その代金をクレジットカードで払うとどうなるか、
まずあなたは飲み会に参加して楽しい時間を過ごします。

それから、飲み会が終わった頃には参加者から現金を回収することができます。
これであなたの手元には現金が残ります。

しかし、ポイントはこの会計の時にはその現金を使わず、
あなたの手元にあるクレジットカードを使います。
こうすることでクレジットカード中のショッピング枠を現金化することが可能なのです。

これはクレジットカードのポイントなどもたまるので
積み重ねていくと意外と大きな利益に繋がります。

しかしこの方法は長い目で見ると、

あなた自身の飲食代(つまり飲み代ですね)がかかってしまうので、

ショッピング枠の現金化のためだけに飲み会を開くという方法はあまりおすすめできないかもしれません。

もし何らかの用事があって、その時たまたまあなたが
手元にお金を必要としているのであれば、ぜひ飲み会の幹事になってみてください。

こういった方法で2、3万円程度のちょっとした金額であれば、
ショッピング枠を現金化することが可能です。

しかし、この方法ではある程度まとまった大きな金額を現金化することはできません。
ここで一般的によく用いられる方法が二つあります。

商品を購入して中古屋に売るという方法
クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる業者さんにお願いをする

という方法この二つです。
例えば、一時期のプレイステーションであれば購入した金額とほぼ同額。
といっても、8割程度の金額で中古屋さんに売ることができました。

このように、買値と売値の近い商品を見つけて、購入後、すぐに中古屋に売ります。

同じようにクレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる業者さんには
二種類あります。一つめはある決まったお店で商品を購入して
その購入した商品もすぐさまその場で買い取ってくれるやり方。

もう一つが、この業者さんから何か商品を買うという
名目でクレジットカードのショッピング枠を使うというやり方。

この業者さんを使った方法も、安くても大体20%程度手数料を持って行かれます。
その場ですぐさま現金を渡してくれるというのは確かに安心の出来ることですが、
こういった方々も、正直、あまりお付き合いをしたい業種ではありません。

このどちらの方法も、あなたのショッピング枠さえあれば
30万円なり50万円なりといった、ある程度大きな金額を一度に現金化することができます。
しかし、そのどちらも手数料が高い。

お金が欲しいのに、ショッピング枠の現金化という手続きで
引き出したい金額の20%も失ってしまうのはもったいないです。

そんなあなたにおすすめしたい、最強のショッピング枠現金化の方法があります。
すべて自分で完結できて手数料も5%から10%程度しかかかりません。